オリーブオイル 効能 使い方

オリーブオイルの種類

<スポンサードリンク>


オリーブオイルの種類はイタリアでは法律で決まっており、厳密に分類されています。

 

大きくは下の3つに分かれています。

  • バージンオリーブオイル
  • 精製オリーブオイル
  • オリーブオイル

 

そして、さらにその中で酸度によって更に細分化されています。

 

酸度とは遊離オレイン酸の含まれる割合で、このパーセンテージが低いほど酸化しにくく高品質とされます。

 

 

バージンオリーブオイル

バージンオリーブオイルはオリーブ果実を搾ったそのままのオイルです。

 

中でもエクストラバージンオリーブオイルは酸度0.8%以下と規定されており香りも味も最高ランクになります。

 

その下がファインバージンオリーブオイルで酸度2.0%以下、その下がオーディナリーバージンオリーブオイルで酸度3.3%以下です。

 

この他にランパンテバージンオリーブオイルというものもこちらの分類になるのですが、食用ではなく精製に回されます。

 

 

精製オリーブオイル

ランパンテオリーブオイルを精製したものが精製オリーブオイルと精製オリーブポマースオイルで、酸度は同じく0.3%以下です。

 

ポマースオイルはいわゆるバージンオリーブオイルの二番搾りですが、国の基準をクリアしないと食用にはなりません。

 

ポマースの場合はポマースと表記する必要があり、IOC規定ではオリーブオイルとは名乗れないものです。

 

オリーブオイル

一般的にオリーブオイルと呼ばれるのはバージンオリーブオイルと精製オリーブオイルのブレンドです。

 

ピュアオリーブオイルとオリーブポマースオイルの二種類があり、どちらも酸度1.0%以下とされています。

 

ピュアオリーブオイルは精製オリーブオイルとのブレンド、オリーブポマースオイルは精製オリーブポマースオイルとのブレンドで、ブレンドの割合は各社によって異なります。

オリーブオイルのいろんな使い方

オリーブオイルには実に色々な使い方があります。

 

特に一番ランクの高いエクストラバージンオリーブオイルはその品質の高さから食用以外の使い方もいろいろ考案されており、日本人にとってはちょっと驚くような使い方もあります。

 

もちろん、オリーブオイルは健康にとても良い植物オイルですので、美味しくいただくのが第一です。

 

エクストラバージンオリーブオイルは悪玉コレステロール値だけを下げ、動脈硬化や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を予防する効果もあると言われていますので、身体の中から美容と健康を作り上げるのには最適です。

 

 

その他にも美容のために顔に塗ったり、お風呂上がりに身体に塗って角質ケアをするという手法もあります。

 

オイルマッサージに使ったり、クレンジングに使ったり、乾燥する季節にはオリーブオイルでパック、日差しの強い季節には日焼け止めと、まさにオールマイティーですね。

 

 

オリーブオイルで頭皮のケアをするという美容法もあります。

 

エッセンシャルオイルとオリーブオイルを混ぜて髪のケアに使うという方法やシャンプー前に頭皮の汚れを浮かすためにオリーブオイルでマッサージするという方法があり、毛穴の皮脂が取り除かれて抜け毛予防や育毛に良いとのこと。

 

そのまま大さじ1杯程度飲んでもダイエットに効果があると言いますから、全身に使える魔法のオイルと言っていいでしょう。

 

 

オリーブオイルから作られた石鹸などもとても人気を集めていますが、市販のオリーブオイル1本で全身の美容ケアが出来てしまうと思えば、とても割安な美容液ですね。

 

 

当サイトでは、効果・効能を保証するものではありません。
予めご了承ください。

<スポンサードリンク>